和風売り専【夢遊び】オーナーの日常

和風売り専【夢遊び】の高橋の日常&NEWS

売り専を初めて遊ぶ人、売り専に初めて応募する人

Pocket

ほい高橋です、はい高橋です、へい高橋です。大事ないけど3回言ってみましたぉ。
今日は「初めての売り専」「初めての売り専ボーイ」をテーマに書いていこうかな~と。

どんな年になっても初めてのことっていうのは不安とワクワク感が入り交じっているもの。

んでまずは「初めての売り専遊び」について。
きっとまだ売り専で遊んだことのない人の中には以下の様な不安があると思うのですね。
・病気とか大丈夫なの?
・怖い人が出てきたらどうしよう…
・初めてで上手くプレイできなかったらどうしよう…してみたいけど…

ほい、まず病気ですがこれはほとんど気にしなくていいくらいのリスクです。
と言いますのも昔はいざしらず現在はコンドームをはめてのセーフセックスが浸透してきており、また売り専に来られるお客様のほとんどがハッテン場などの客層と重ならないとおもわれるためです。
ボーイも勿論ながら病気には気をつけておりますし、高橋の12年の売り専人生の中でも同僚やスタッフで病気になった人数というのは非常に少ないのですね。
なのでノンケのヘルスやソープ等よりも安全なくらいなんじゃないかと。

ほい次。怖い人が出てきたらどうしよう…いや出て来ませんw
まず第一に売り専にはヤクザ屋さんは絡んでいないのが一般的です。というのもゲイの世界全般に言えることですが、割りと閉じた世界といいますか狭い世界ですので、絡むメリットもないし。
ほいでじゃぁ売り専のマスターとか怖そうじゃんと思う人も中にはいるかも知れませんが、売り専は接客業ですから…w
景気の良かった20年以上前の殿様商売時代ならいざしらず、現在はちゃんと対応してるところが多いんじゃないかなと。

ほい次。ちゃんとプレイできなかったらどうしよう~…いや~大丈夫だと思いますよ。
でもここが一番不安なところだと思うのですが、不安解消にはいい手があります。電話で予約をする際に3~4人ほど自分のタイプのボーイを決めておいてから、お店にこう聞いてみて下さい。
「この中で一番のおすすめはどの子ですか?売り専が私初めてで…」

この時、お店としましてもこう思うわけです。
「売り専が初めての方はリピートになって下さる確率が結構高い…なので出来るだけ良い子をおすすめしたいなぁ。不まじめな子は…お客様に『この子は不まじめだからおすすめできません』とは言えないので、話題に挙げないでおこう」
で、お店としてはちゃんと会話やプレイがリード出来るボーイで出来るだけ評価の高い子をお勧めするわけです、スケジュールさえ合えば。
是非とも初めて売り専に遊びに行かれる方は上記の文言を使ってみて下さい。良いボーイに巡り合える確率が上がりますので。

さ~てと、「初めての売り専ボーイ」について。これまた不安要素がいっぱいですが、怖い人や病気については上記で書きましたので省くとしてと。以下の様な不安があるかと思います。

・知らない男性とHするのが不安←慣れです。慣れてくると存外楽しめたりもする
・同僚とかオーナーにセクハラされない?←しません。店内恋愛は原則禁止をしてるしw
・面接の時にHしなきゃいけないの?←しません…が、これが不安って話だと仕事になりませんぉ。男は度胸、オカマは愛嬌、売り専ボーイは勇気と行動
・店内で派閥とかあるの?なんかギスギスしてそう←長文になるので改行

夢遊は不思議とみんな仲がいい。派閥は高橋が大嫌いなので作らせませんw
まぁボーイのブログにも時々あるように高橋は大の料理好き(元々プロだったしね)。時々料理を作ってみんなでテーブルを囲って食べたりしてるのも一要因かも。
あぁ、そうそうもし家庭料理に飢えているとか、こんな料理が食べてみたいとかあれば採用後にでも言ってみてくださいな。御馳走してやるじぇぃwwwwww

そうそう、一昨日だったか?に美味しい秋刀魚があったのでこんなメニューを作ったじぇ。
・秋刀魚の塩焼き
・キャベツのお味噌汁
・レタスとレッドオニオン、鶏肉のたたきサラダ
・ナスと鶏肉のごま味噌炒め
・ご飯

「高橋って和食関係だったの?調理師やってた頃って?」
いえ違います、イタリアンですwwwwwwwwwwwwwwでも和食から洋食、イタリアン、中華と作れるものは幅広いんだじぇwwwwwww
って話戻そう。なんだっけ?まぁいいや。疲れてきたし本日はこれにてブログ終了。今から食材買いに行ってくるじぇ

Updated: 2012年9月12日 — 8:13 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

和風売り専【夢遊び】オーナーの日常 © 2018 Japanese Style Delivery GAY HOST YumeAsobi OSAKA