和風売り専【夢遊び】オーナーの日常

和風売り専【夢遊び】の高橋の日常&NEWS

。゚゚。゚。雪ダ(*´艸`)ε3。゚ε3。゚゚。゚。

Pocket

昨日は酒を飲みながらyahoo動画で映画を見ていたため遅寝に。なので本日起きたのは12時半。重い体をノソッと起こしてコーヒーをいれ、パソコンでメール確認とサーバーの状態確認等など、一通りの毎日の日課をこなす。
「やけに冷えるな…」
外からは道がぬれているときの車のタイヤの音がする。
「ちぇっ…せっかくの土曜日なのに雨か…売り上げに響かなければいいンだけど…」
独り言を言いながら、部屋のカーテンを明けると、
Σ(・ω・ノ)ノエー!Σ(*・ω・*)ウッソー!Σヾ(*・ω・)ノホントー!?
「雪だ。しかも大阪に珍しく大雪ジャン゚o.゚+☆ワア∩(*・´ω・*)∩アァア☆+゚.o゚」
ここ何年も積もるまで降った雪と言うのは記憶にない。ボーっと外を眺めていると、高橋が高校一年の冬が記憶が鮮やかによみがえってきた。
そう…確か1996年冬、あれもちょうど2月くらいだったか。中学を卒業してからバイトで新聞配達とクリーニング工場のスタッフ、高校生活に追われて忙しく過ごしていたある日の朝2時ごろ。
いつも通り新聞配達のための準備をし、今日のように「寒いな…」なんてつぶやきながら外に出ると一面が雪。空も道も真っ白に染まっていた。
配達所からいつも通り300部ほどの新聞を自転車に載せて、出発しようとしたときに先輩から
「雪の日はすべるから…10部は余計に持っていっとけ」
って忠告受けたのです。
しかしこれ…滑るなんてモンじゃない(笑)300部なんて言うのは普通の時でも出発時にはフラフラしながらなのだから、雪で埋め尽くされた道は想像以上に困難でした。
前のカゴと後ろの荷台の新聞はゆうに1メートルはあるかと言う高さ。
下は滑りやすい雪。曲がり角なんぞは自転車に乗っていても曲がれないし、降りて押しても滑って四苦八苦。
いつもなら1時間半で300部配り終えるのに、その日は3時間ほどかかった苦い思いも、今では懐かしくノスタルジーに浸れる良い思い出。
このわずか2ヵ月後に高橋は人生の転機を迎えると言うのは、次のブログにでも気が向いたら書きましょう。
・・・・・と思ったんですが…今じゃないと思い出せなさそうなので、今かいて起きましょうヽ(´∀)ノハハハッ
一年間、高校生活をしながらバイトにいそしみ、実社会を少し経験した高橋のなかで、ある思いがどんどん膨らんでいったのです。
「学校でやっている勉強が社会生活でどれほど役に立つのか…?少なくとも自分はサラリーマンは性格的に無理だろう…。高校卒業って資格を取っても大学までいけるようなお金は家にはないし…。いっそ学校をやめて早く社会に出た方が、色々勉強できるんじゃないか?」
しかし生来負けず嫌いの高橋です。学校の勉強が出来なくてやめたなんてのは思われたくなかった。まぁ…小学校からこんな感じだったので高校も含め、5教科の合計で400点以下は取った事がないのはちょっとした自慢(笑)
さて、高校1年生最後の期末テスト。普段は適当に「400点以下じゃなければok」なんて考えていて、テスト勉強なんて一週間前からチョイチョイとしかやらなかった高橋ですが、この期末テストだけは別。
高校をやめるなら最後のテストなわけですから…どこまで出来るかやってやろうってところです。
確か記憶はあいまいなのですが…5教科の総合は487点だったような…まぁとにもかくにも学年トップの点数を取れたのです。
これが良かったのかいけなかったのか…何はともあれこの事実が高校2年生が始まると同時に高橋が退学する一つの大きなきっかけになったのです。
高校の退学を両親とも沢山話し合いましたが、理解のある両親に感謝です。母も父も肩を落としていましたが…まぁ…言葉もない。
さて高校を退学した後になにかはっきりとしたやりたい事があったわけではありません。一ヶ月ほどはアルバイトを探しながらゆっくりと過ごしていたのです。
で…近くのカフェレストランでアルバイト応募の張り紙があったので、募集して見ると…えっ?ウェイターは雇っていないって…。
なんだか知らないがいつの間にか厨房にまわされてしまいました。これが存外高橋にはあっていたようで、そこから2年間厨房で仕事。
18歳の時に一度やめたのですが、二十歳の時にまたお声がかかって2年間。合計4年間そこで働いていました。
(。σ_σ))ウン??18歳~20歳まで何をしていたかって…?余り人様にさらすような事ではないのですが…パチプロしてましたorz
ちょうどパチプロをやめる半年ほど前に初めてゲイバーデビュー。その半年後にはカフェレストランとかけもちで売り専ボーイとしてデビュー。
その後、売り専は23歳の9月(2003年の9月)までおよそ3年半続け、その半年後(2004年3月、高橋は23歳の後半)に和風売り専「夢遊び」を創業。現在に至るわけです。
さてさて、くだらない高橋の人生の備忘録。ちょっとでも楽しんでいただけたら幸いです。
さ~て…本日も仕事に取り掛かりますかc(Д´と⌒c)つ彡 ヤダヤダ

Updated: 2008年2月9日 — 2:00 PM

1 Comment

Add a Comment
  1. ここって、コメントしても良いのかしら?
    いつも、楽しみに読ませていただいています。
    高橋さんは、そういう過去があったんですか。それにしては、コンピューター詳しいですね。感心します。
    これからも、お店の経営、がんばってください。
    (書き込みが不適当なら、消してください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

和風売り専【夢遊び】オーナーの日常 © 2018 Japanese Style Delivery GAY HOST YumeAsobi OSAKA